1. ユニベアシティ特集
  2. ユニベアシティ シュタイフ社製 ぬいぐるみ
販売限定数500体

ユニベアシティ ぬいぐるみ
シュタイフ社製 モカ

¥48,600(税込)
¥48,600(税込)

世界的に人気なシュタイフ社との
共同で制作した貴重なアイテムです。
世界に一つだけのぬいぐるみを一つ一つ手作りして
あなたの元へお届けいたします。

シュタイフの専用ボックスに入れてお届け♪
シュタイフ社とは
シュタイフ社(Steiff)は、1880年にドイツで誕生し、世界で初めてテディベアを作った、テディベアを語る上で欠かすことの出来ない歴史的なトップブランドです。ドイツの職人の手作業で一体ごと丁寧に作られた伝統の逸品です。
シュタイフ創業の歴史
シュタイフの始まりは、1880年にマルガレーテ・シュタイフが作った、ゾウの小さなぬいぐるみでした。 マルガレーテ・シュタイフは、ある冬の日、ファッション雑誌からヒントを得て小さなぬいぐるみゾウを作りました。 小さな甥や姪にはおもちゃとして、大人の女性たちにはピンクッション(針刺し)としてクリスマスにプレゼントすると、その愛らしさがたちまち評判となり、お店の前にはゾウのぬいぐるみを求める人々で行列ができるほどになっていました。 この1880年が、シュタイフ社の創業の年とされています。
その後、1902年にマルガレーテの甥であるリチャードが、本物のような”くまのぬいぐるみ”を作り出しました。
これが世界で最初の、テディベアの誕生です。

シュタイフ製モカの
魅力をご紹介!

シュタイフのトレードマーク付き

モカの耳にはシュタイフ社のトレードマークである「ボタン・イン・イヤー」と、シュタイフタグが付けられます。そのタグは、地域限定、数量限定など生産数に制限がある限定品に付けられるものです。品番の他、生産年度、商品名、シリアルナンバーが表示されます。

ふわふわの手触りで、しっかりとした作り

本体はドイツ製の上質な天然素材のモヘヤを使用しています。左の足裏にはUniBEARsityのエンブレム入り。

鼻、ネクタイなどディテールのこだわり

シュタイフ社のテディベアに特徴的な刺繍でできた鼻に、ドイツのフェルトを使用したネクタイ。また手・足・首の5か所にジョイントが入っていて、自由に動かすことができます。

証明書と品質表を同梱

シリアルナンバーが刻まれた証明書と、上質な天然素材を証明する品質表が同梱されます。

シュタイフ社製 モカ
¥48,600(税込)

<シリアルナンバー入り>
※なくなり次第終了となります