1. 映画『ライオン・キング』公開記念グッズ特集
  2. The Lion King Protect the Pride

The Lion King Protect the Pride

ディズニーの“超実写版”映画『ライオン・キング』(ジョン・ファヴロー監督)が8月9日に日本で劇場公開されます。ウォルト・ディズニー・カンパニーはこれを記念し、アフリカ全域でライオンの生息数が減っていることへの関心を高め、ライオンを救うためのグローバルな環境保護キャンペーンを開始します。

ディズニーの『ライオン・キング』が初めて公開されたのが25年前。以来、アフリカのライオンの半数が姿を消しました。密漁や獲物の減少、生息地の破壊といった脅威にさらされているためです。しかし、研究によれば、ライオンの生息数を回復することは可能なのです。

ディズニーはライオン・リカバリー・ファンド(Lion Recovery Fund)とそのパートナーに対し、すでに150万ドル以上の寄付を行ってきました。今後はこうした寄付に加えて、ファンの助けを借りて寄付の総額を300万ドルまで倍増させたいと考えています。ファンの皆さんは、記念イベントに出席したり、スペシャル・エディションの商品を購入することによって、”The Lion King Protect the Pride”キャンペーンに参加できます。

野生生物保護ネットワーク(the Wildlife Conservation Network)は、自らが監督するプログラムを指導、管理、評価する手法について、非常に高い評価を受けています。ライオン・リカバリー・ファンドは同ネットワークの重要プログラムのひとつであり、アフリカ全域でさまざまな組織を支援し、2050年までに野生のライオンの生息数を倍増させることを目指しています。ライオンを守ることは、サバンナや他の野生生物、そして彼らと共に生きているコミュニティの健康と健全さを守ることでもあるのです。

シンバとナラのぬいぐるみ
スペシャル・エディション

シンバとナラのぬいぐるみ スペシャル・エディション

スペシャル・エディションのシンバとナラのぬいぐるみを4万点販売します。ぬいぐるみは全世界のディズニーストア(日本ではオンライン店限定)でお求めいただけます。4万点のぬいぐるみ一つひとつが、ディズニーとライオン・リカバリー・ファンドの支援によって救われるライオン1頭を象徴しています。ディズニーは、スペシャル・エディションのぬいぐるみが1点売れるたびに、野生生物保護ネットワークに5ドル寄付します。このお金は、ライオン・リカバリー・ファンドとアフリカのパートナーを支援するために使われます。

野生生物保護ネットワーク(WCN)は、自らの環境保護プログラムを指導、管理、評価する手法について、非常に高い評価を受けています。ライオン・リカバリー・ファンドはWCNの重要プログラムのひとつで、アフリカ全域でさまざまな組織を支援し、2050年までに野生のライオンの生息数を倍増させることを目指しています。画像をクリックすると詳しい情報をご覧いただけます。